電話番号
ホームに戻るご挨拶施設のご案内外来診療のご案内分娩のご案内スタッフ紹介スタッフ募集



2018-04-06
院長コラム vol.1 診察室

記事画像1

 先日「ジネコ」の取材を受けている時、内診室の話題になりました。「内診」は非常にナーバスな問題で、プライベートが守られる必要もありますし、内診しながら医師の説明も必要です。また衣類を着脱するスペースでもあります。

 しかし、広くて快適で、プライバシーにも充分配慮してある内診室は、あまり見られません。設計上、必要充分以上の広さを取れないことが殆どです。そこを広く取るくらいなら、待合室を広くするとか、もう一つ診察室を作りたいなどの要求があるからです。また、医師が動きやすい動線を確保するため、医師側の扉の開け閉めもしないようです。さらには、安全上の問題もあって、完全施錠にしてしまうと、中に看護者が入れません。内診室で気分が悪くなる人は多くいるのです。

 当院では、診察室(医師の机があるところ)の奧にあり、廊下側からは入れない様になっています。また、ご主人と一緒に経膣超音波の画像が見ることができるように、内診室内にモニターも配置しています。















ホームに戻るご挨拶施設のご案内外来診療のご案内分娩のご案内スタッフ紹介スタッフ募集ページトップに戻る
地図