電話番号
HOMEご挨拶施設のご案内外来診療のご案内分娩のご案内妊婦健診・産後健診ドクター紹介スタッフ募集



2020-02-06
教えて!産婦人科 vol.14 エコーってどんな機械?

記事画像1

お久しぶりの更新となりました「教えて!産婦人科」のコーナー。
今回は妊婦健診や婦人科の診察の際に使用する「エコー」についてご紹介したいと思います。
エコーとは「超音波診断装置」のことで、超音波を使って身体の中の様子を診察するための機器です。

当院で使用しているエコー機器は二種類で、妊婦健診の際にお腹の上から腹部を見る経腹エコーと、専用の細長いセンサー(プローブ)を膣内に挿入し、子宮や卵巣の状態を観察する経膣エコーがあります。経膣エコーは子宮がん(頸がん、体がん)、卵巣がん、筋腫やポリープなど婦人科系疾病の診断に使われる他、妊娠中の胎児の観察にも使われます。

妊婦健診時に使用するエコーの種類には2D、3D、4Dがあり、2Dエコーで見るのは平面的な静止画、3Dエコーで見るのは立体的な静止画です。これに対して4Dエコーでは、胎児の様子が滑らかな立体画像で見られ、動画で録画することが可能です。

妊婦健診の際のエコー動画を、IDカードを使ってご家庭のPCやスマートフォンで見ることができるサービスも導入しておりますのでご希望の方はぜひご利用ください。(初回のみカード発行手数料として2,200円が必要)

記事画像2


















HOMEご挨拶施設のご案内外来診療のご案内分娩のご案内妊婦健診・産後健診ドクター紹介スタッフ募集頁上部に戻る
地図